生徒の声

生徒の声

生徒会長 岩田真由子(山陽小野田市立厚狭中学校出身)

 

      

サビエル高校はアットホームな学校です。先輩後輩が関わる機会が多くあり、サビエル祭やスポーツフェスティバルは全校生徒で作り上げていきます。クリスマス会や修養会はカトリックの学校だからこそ出来る行事です。

また、先生との距離が近く授業で困った時にすぐに質問しやすい環境が作られています。そしてサビエル高校のスクールモットーは「For Others, with Others 〜他者のために他者とともに〜」です。そのためボランティア活動に積極的に参加しています。他者のために行う活動が私たち自身を成長させてくれます。

高校に入学した当初、私は中学までの友人と離れ、新しい環境になることが不安でした。しかし、入学してすぐにあったオリエンテーションキャンプで一気に打ち解けることが出来ました。堅いイメージのある講 演でさえもサビエル生は楽しく盛り上がれます。

新しい生活に不安を感じている人も多いと思いますが、様々な行事を通じて、良い仲間、良いライバルになれるはずです。サビエル高校で充実した3年間を過ごしましょう!生徒一同、皆さんのご入学をお待ちしています。

佐倉 愛菜 特別進学コース(宇部市立上宇部中学校出身)

   

去年一年間でいちばん私の印象に残っているのは勉強合宿です。1日10時間も勉強し続けたのは初めての経験でした。あの合宿を一緒に乗り切ったことでクラスメイトとの仲が一段と深まったと思います。勉強合宿は夏休みにあるのですが、1学期にあまり話したことがなかったクラスメイトととも仲良くなるきっかけになりました。
授業の中でグループで活動することが多いので、自然とクラスメイトと話す機会が増えます。休み時間に入っても授業での課題について話し続けていたり、あるいはその延長で趣味の話になったりしてとにかくクラスメイトと話すことが多いので、たくさんの人と仲良くなれました。
学校行事を通して、本当にクラスが一致団結しています。クラスの誰とでも仲が良いので、授業でわからないことがあったら誰に聞いても教えてくれるし、気になることがあれば誰にでも相談できます。だから本当に過ごしやすいし、困ることがないんです。
特別進学コースはよく学びよく笑う団結力のあるコースです。みなさんも特別進学コースで良き仲間たちと国公立大学を目指しましょう。

野村 瑠琉 進学コース(宇部市立楠中学校出身)

 

    

進学コースは、自分の目的にあったペースで学力を伸ばせるコースです。他のコースとの交流もたくさんあります。進学コースと特別進学コースで大きく違うのは、勉強合宿がないことと、選択できる科目が多いことくらいで、普段の学校生活ではほとんどコースの違いを意識することはありません。学校行事や部活動ではみんなが仲良く活動しています。

サビエル高校の良いところは、先生が勉強のわからないところなどの質問に答えてくれるのはもちろん、テストでつまずいたときの弱音も、聞いてくれたりします。何十年もサビエル高校にいる先生も多いので、往年の先輩方がどうやって悩みを解決したかも聞けたりしますよ。

進学コースの生徒はさまざまな進路を希望しています。資料が豊富にあるので、じっくり考えることができ進路への視野が広がります。同じような進路希望の友人と情報を共有したりもしています。迷っているときには先生も一緒に考えてくれるので安心です。

またサビエル高校には修養会やクリスマス会など他の学校にはない行事がたくさんあります。ボランティア活動にも力を入れていて、常に新しいことへ挑戦ができ、刺激がある高校生活が送れます。

個性あふれる進学コースの仲間と一緒にXavier Familyの一員として充実した3年間を送ってみませんか。

留学生ケヴィン・クロック(フランス出身)

こんにちは!ケヴィンです。フランスから来ました。

初めてサビエル高校に来たときはちょっと不安だったけど先生やクラスメートが本当に優しかったです。じつは、友達が出来て、サビエル日常生活はどんどん楽しくなりました。

そして、授業はすごく面白いと思います。先生にたくさんのことを教えてもらえます。

外国の先生だけではなくて、日本人の教え方にはとても上手です!

サビエル高校に来てで良かった!