お知らせ

お知らせ

留学生にインタビュー②

今回はモンゴルからの留学生、テルゲル・ドルジスレンさんにインタビューしてみました。

Q: サビエル高校の印象はどうですか?

A: 生徒と先生の関係がとても近くて微笑ましいと思います。私の母国のモンゴルでは

生徒と先生の間にはもっと距離があります。それから生徒会の人たちが積極的だし、

みんながボランティア精神にあふれていて、人のために行動しています。あと、部活

動もとても楽しそうです。

Q: テリさんは部活には入っていますか?

A: はい。モンゴルではテニスをしていましたが、サビエル高校ではバレー部に入って

ます。あまり上手ではありませんが、すごく楽しいです。

Q: 日本で好きな食べ物は何ですか?

A: トンカツとおもちが大好物です。モンゴルでもトンカツは食べたことがありますが、

日本のトンカツは最高です。

Q: テリさんは日本に来る前に6年間日本語の勉強をしていたそうですが、日本に来て

日本語には不自由していませんか?

A: あまり会話には苦労していませんが、「~じゃん」という言い方は日本で始めて覚え

ました。あと、書くのも読むのも漢字にはまだ苦労しています。特に、生物や物理、

それに世界史に出てくる専門的な用語は難しいです。

Q: どの科目が好きですか?

A: 数学や英語ですね。特に英語の授業は、他の高校に留学しているベトナム人の友達の

話を聞くと、サビエル高校の授業は実用的なことがわかりました。

Q: 他に何か印象的なことはありますか?

A: 日本のアニメは素晴らしいと思います。モンゴルでもとても人気があります。あと、

私のいる1年2組は女子だけのクラスでみんな仲良しですごく居心地がいいです。

Q: 最後に来年3月に帰国するまでに日本でしてみたいことは何ですか?

A: 富士山を自分の目で見てみたいです。あと京都にも行ってみたいです。

 

次回はトルコから来たエフェ君へインタビューします。