お知らせ

お知らせ

日本語スピーチコンテスト最優秀賞

12月15日(日)山口県庁で、「第30回外国人による日本語スピーチコンテスト」が行われました。県内在住で7カ国から来た10人の留学生が、演題自由で、日本に来て感じ、考え、発見したことを日本語で発表しました。サビエル高校からは、モンゴル出身のテリさんが参加し、見事最優秀賞に輝きました。テリさんは、出場者の中で最年少でした。「天使の夢」という副題で、日本滞在を通して感じた日本の素晴らしさを語ってくれました。