お知らせ

お知らせ

私達の暮らしを支えてくれる方々に感謝をこめて

シトラスリボンプロジェクについて
当たり前と思っていた「ふだんの暮らし」を揺さぶっているCOVID19。
今や、どこにいても何をしていても、いつだってだれだって感染のリスクはゼロではありません。
感染拡大を防ぐためには、さらなる「行動変容」が必要に なると同時に、だれもが、少しでも心のびやかに暮らせるようなまちのあり方が、今こそ問われているのかもしれません。
ウイルス感染拡大阻止は、もちろん大事です。経済対策も大事です。
でももうひとつ、忘れてはならないことは、たとえウイルスに感染してしまっても、地域の中で笑顔の暮らしを取り戻せるということの大切さです。
「ただいま」「おかえり」。
お互いにそんなふうに言いあえる、受け止める空気であってこそ、安心・安全が守られるまちなのだと思います。
わたしたちの暮らしを守るため に日々奮闘しておられる方々への感謝も込めて、 「ただいま」「おかえり」って言いあえるひとの輪を、ここ愛媛から。
「ちょびっと 19+」より

コロナウイルスへの感染が確認された方々や、私たちの暮らしを支えてくれる方々(医療従事者・「エッセンシャルワーカー」の皆さまなど)がコロナ禍で差別偏見されている現実があります。
シトラスリボンプロジェクトは、差別偏見なく、暮らしの中で「ただいま」「おかえり」と言いあえる街でありますように、という想いを共有する運動です。
愛媛県発足のプロジェクトですが、山口県内にもこの想いが広がるようにプロジェクトに賛同させていただき、活動の輪を広げていきたいと思います。
For Others, With Others
私達も、サビエル高校のスクールモットーのもと、私達の暮らしを支えてくれる方々に感謝していきたいと思います。